5G

IoTって何?モノのインターネットが作る未来

Iot

悩む人
IoTについて知りたい。IoTって何?モノのインタネットって言われてもよくわかんないから教えて欲しい。IoTで僕たちの生活はどう変わるの?

そんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

・IoTとは?
・IoTの活用事例

この記事を読むと、IoTについて理解が深まり、IoTが作る未来がイメージできます。

本日の記事では

日経ITエンジニアスクール IoT 最強の指南書

こちらの書籍を参考にさせていただきました。

こんな方におすすめ

・IoTについて、詳しく知りたい人
・IoTの活用事例が知りたい人
・IoT機器の購入を考えている人

この記事ではこんな方が見に来てくれてるのではないでしょうか。分かりやすく記事を書きましたので、最後までご覧ください。

IoTとは?

Iot

IoTとは?

IoTとは、「モノのインターネット」のことです。あらゆるものがインターネットに接続して使えるようにする概念の仕組みや技術を指します。従来のインターネットの主役は「ヒト」でした。ヒトがパソコンや携帯電話などのIT機器を使って、物理的な制約を受けずに情報をやりとりして、新たな価値を生み出していました。

※IT機器とは、情報をやりとりするための機器です。パソコンや携帯電話など

IoTでは、IT機器以外の機器もインターネットに接続します。例えば、自動車や家電、家屋、時計、メガネ、測定機器、センサーなどさまざまなモノがつながり、情報をやりとりします。

つながる機器が爆発的に増加

IoTが普及すると、インターネットにつながる機器は爆発的に増えます。パソコンなどの固定された機器が接続していた時代のインターネットには、全世界で5億台程度つながっていました。それが、携帯電話やスマートフォンなどのモバイル機器が普及したことにより、一気に120億台を突破。IoTが広がることで、2020年には500億台がインターネットに接続すると予想されています。

Iotの普及

IoTをささえる通信技術

コンピューター以外の機器をネットワークにつなぎ、情報をやりとりしたり、操作したりすることは、IoTという言葉が生まれる10年以上前から行われています。

機器のつながりは様々で、機器の性能や数、ゲートウェイとなる機器の距離などさまざまな形態が考えられます。IoTの時代になっても同様で、つながり方はケースバイケースになります。

ですが、IoTの爆発的な普及に対応するためには、従来の通信技術だけでは不十分です。そこで、それぞれの通信方式において、IoT向けの新サービスや新規格が続々と登場しています。

従来からある通信技術

◎LTE/3G

高品質で長距離かつ高速の通信が可能。遠距離からの大量のデータを送るのに適しています。デメリットとしては、コストが高い。

◎無線LAN(Wi-Fi)

高速通信が魅力です。家庭や企業、街中でも無線LANスポットが設置されているところが増えてきました。導入のしやすさも長所です。デメリットは、長距離通信が難しく、屋外での利用が難しいことです。

◎Bluetooth

近距離の通信にはBluetoothが適しています。ほかの通信方式に比べ、低コストで省電力だが、パソコンや周辺機器との接続に限定されています。

これらは、以前からある通信方式で、改良した新サービスや新規格がでています。

IoT向けの新たな通信方式「LPWA」

従来の通信方式であるLTE/3G、無線LAN(Wi-Fi)、Bluetoothではカバーできない「長距離」「低コスト」「省電力」を実現する新しい通信方式「LPWA」が開発されました。

LPWAとは「Low Power Wide Area」の略で、「低消費電力で長距離の通信」ができる無線通信技術の総称のことで、最大伝送速度は100bps程度、伝送距離は最大50 km程度です。

特性が「IoT/M2M」に非常に適していて、IoT、M2Mの通信に広く利用されています。

IOT2

 

IoTの活用事例

 

IoTは現在、様々な分野で活用されています。その詳細は下記にまとめましたので、そちらをご覧ください。

IoTの活用事例まとめ5選

以上、IoTに関する記事でした。最後までご覧いただきありがとうございます。

-5G
-,

© 2020 しんぶろぐ