5G

自動運転はどこまで進んでいる?

悩む人
自動運転について詳しく知りたい。今の技術はどこまで進んでいるの?完全な自動運転はいつ頃実現するの?

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・自動運転にはlevel1~level5まであります。
・完全自動運転の実現はいつ頃か?
・自動運転が実現した未来を大胆予想

何かと話題の自動運転。トヨタやホンダがこぞって自動運転の技術を研究しています。そんな自動運転について、詳しく調べて見ました。

自動運転に興味のある方は最後までご覧ください。

自動運転にはlevel1~level5まであります。

自動運転はlevel1~5までに分かれています。現在国内ではlevel2までが市販車に採用され、実用化されています。level2までは主に運転をサポートとする技術です。万が一事故を起こした時の責任はドライバーにあります。一方、level3以上は基本的にドライバーが操作を行う必要がないので、自己の責任はシステム(クルマ)側になると言わています。その為、level3以上の実用化には法整備が必要になります。

level1 ステアリング操作か加減速のいずれかをサポートする

車線を逸脱したときの検知してステアリングを補正するシステムや先行車との距離を一定に保つために自動で加減速をするACCシステムなど相互に連携することがない技術がlevel1です。いわゆる運転サポートシステムです。新型車には多く搭載されている技術になります。

level2 ステアリング操作と加減速が連携して運転をサポートする

ステアリング操作と加減速が連携して運転をサポートする技術がlevel2です。例えば、高速道路の渋滞など、自動で先行車との距離を確認して、加減速したり、一時停止して再発進する技術です。渋滞時のストレスを大幅に軽減してくれます。すでにいくつかのメーカーよりこのシステムアを搭載した新型車が発売されています。

level3 特定の場所ですべてが自動化。緊急時はドライバーが操作

高速道路などの特定の場所において、車が運転に関わる全てを検知して、完全に自動化します。ただし緊急時や自動運転システムが作動困難な時はドライバーが車に代わって運転を求められるので、ドライバーは席に着座している必要があります。日本において2019年12月に法整備がされ、level3の実用化を進みました。2020年にはlevel3搭載車が発売される可能性があります。

level4 特定の場所ですべての操作が完全に自動化される

特定の場所にかぎり、完全に自動運転化します。緊急時の対応も車が行うため、ドライバーは完全に運転から解放されます。

level5 あらゆる状況において自動化される。アクセルもハンドルも不要

車が交通状況を分析して、運転に関わるすべての操作を行います。墓所などの制限もなくなり、完全な自動化がされます。シートアレンジやデザインの自由度が格段にあがります。運転席も必要がなくなるのでリビングのような空間で移動が可能になります。

完全な自動運転はいつ実現するのか?

level3の自動運転について、日本では2019年の12月1日に「道路交通法」と「道路運送車両法」の法整備が行われ、自動運転level3機器の保安基準と、システムでの運転中の事故の所在が明確になりました2020年中頃には、ホンダがlevel3搭載の新型車を発売する見込みです。

さて、level5の完全自動運転はいつ頃実現するのか?

level5の完全自動運転を実現するには、技術的にクリアしなければならない課題がたくさんあります。それらが、いつ解決して完全自動運転が実現するかは読み切れない部分がありますが、2030年頃にはかなり進んでいると思われます。

完全自動運転が実現した未来を大胆予想

完全な自動運転が実現すれば未来はどう変わるか大胆予想しました。

免許証がなくなる

完全な自動運転が実現すれば、免許が入りません。教習所はなくなり、車内で飲酒していても警察につかまることはなくなります。

車のデザインの多様化

運転席やアクセル、ハンドルがなくなります。車のデザインの幅が格段に広がります。車内をリビングのようにして、食事を楽しみながら移動することも可能になるし、デスクにして仕事をしながらの移動も可能です。ベッドにして寝ててもいいのです。

カーシェアが当たり前になる

車は必要な時に呼べば自動で来るようになります。車を一台所有しているよりもカーシェアのほうが合理的です。その時のニーズに合わせた車を呼ぶことができます。例えば、眠いときなら、ベッド型車とか仕事がしたいならデスク型とかカーシェアの方が便利になっていくでしょう。

流通関係も一変する。

完全自動運転が実現すれば、新幹線のように高速道路を200kmで5cm間隔で物資を流通することができるようになり、物流業界のシステムは一変するでしょう。

以上、自動運転の記事になります。

-5G
-,

© 2020 しんぶろぐ