介護の仕事

【介護職の給料が上がる?】2022年10月スタートのベースアップ等支援加算

2022年9月9日

ベア加算

こんにちはしん(@shinbloger)です。

今回は、2022年10月からスタートする介護職員等ベースアップ等支援加算についての記事になります。

別名ベア加算と言われてるあの加算です。

 

新しく加算が加わると聞いた介護職は「また給料が上がるの?」なんて期待した人もいるのではないでしょうか?

結論を言ってしまうと、ほぼほぼ介護職の給料は変わりません。

いきなり結論を言われてガッカリさせてしまったかもですが、その理由についても解説しますので、最後までお付き合いください。

合わせて読みたい
2022年10月スタートのベースアップ加算を中学生でも分かるように解説

続きを見る

 

ベースアップ等支援加算とは?

ベア加算とは、令和4年10月から始まる、新たな処遇改善加算です。

介護職員に対して3%程度(月額 9,000 円相当)引き上げることを目的とした加算です。

 

実はベア加算、今年2月に新設された処遇改善支援補助金の後継です。

処遇改善支援補助金は、岸田政権が打ち出した介護職の給料を月額9000円アップさせるために作られた補助金です。

結果として、4~5000円しか上がらなかった中途半場な例のやつです。

 

処遇改善支援補助金は、すべて国補(1000億円)でまかなっており、今年の9月で終了します。

その後継として新設されたのがベア加算で、介護報酬でまかなわれます。

 

10月から介護職の給料は変わらない

ここまで読むとだいたいわかってきたと思いますが、介護職の給料上がんないですよね。

では、もうすこし詳しく説明していきますね。

 

それぞれの算定要件を見てみましょう。

処遇改善支援補助金の要件

➀処遇改善加算Ⅰ~Ⅲのいずれかを取得していること

②取得額の3分の2以上は介護職のベースアップに充てること

 

つづいてベア加算の要件

➀処遇改善加算Ⅰ~Ⅲのいずれかを取得していること

②取得額の3分の2以上は介護職のベースアップに充てること

 

はい。コピペしただけ、全く一緒です。

名前が変わっただけで、中身が全く一緒の加算なんです。

ミッキーの着ぐるみを着ていたおっさんが、ふなっしーの着ぐるみに変えただけです。

 

なので、介護職の給料は何も変わらないか、もしくは微増や微減する程度って話です。

ガッカリな記事でごめんなさい。

 

ソース元は下記になります↓

≫10月から「介護職員等ベースアップ等支援加算」【これからの介護保険236】-介護求人ナビ

 

今回は以上になります。

-介護の仕事

© 2022 しんぶろぐ〜介護ノート〜