介護の悩み

【サービス残業をなくそう】介護職の仕事が終わらないときの3つの対処法

介護職

悩む人
■どうやれば仕事が早く終わるのかわからない

■仕事が終わらなくていつもサービス残業している

■上司や同僚から「仕事が遅い」と言われ凹んでいる

そんな悩みにお答えします。

 

介護職は、食事介助やおむつ交換、記録作業など業務は多岐にわたります。

業務時間内に仕事が終わらず、サービス残業をしている介護職も多いです。

「自分は仕事ができない、遅い」と悩んでるいる介護職もいるのではないでしょうか?

 

この記事では、介護職の仕事を早く終わらせるための3つの対処法を解説します。

記事を読めば、早く仕事を終わらせる方法がわかり、サービス残業をなくすことができるはずです。

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、10年以上の介護経験がある現役の介護士です。

介護福祉士と福祉用具専門相談員の資格を持っています。

Twitterもやってます。(@shinbloger

業務時間内に仕事を終わらせるのは可能?

冒頭でも言いましたが、介護職は食事介助やオムツ介助、記録作業と仕事内容は多岐にわたります。

利用者さんから声をかけられれば、対応する必要があり何かと忙しい仕事です。

「業務時間内に仕事を終わらせるのは無理!」と諦めている方もいると思います。

 

結論を言うと、業務時間内に仕事を終わらせるのは可能です。

 

あなたの職場にも1人か2人はいませんか?

同じ仕事をしているのに、いつも定時で帰る職員さん。

その人は、介護が適当だったり、記録が雑だったりすることはないはずです。

オムツはきっちりあたっているし、利用者さんからの評判もいいはずです。

 

なぜその職員さんが、定時で帰れるのか?

それは、その人は仕事を早く終わらせる方法をしっているからです。

 

ここからは、仕事を早く終わらせる方法を解説していきます。

 

僕も仕事は早い方で、いつも定時で帰っていました。

同僚からも「何で早く終わるの?」と質問されたことがあります。

その時に応えていたアドバイスも含めて解説していきます。

 

仕事を早く終わらせるための3つの対処法

それでは、本題の仕事を早く終わらせる方法を解説します。

仕事を早く終わらせる3つの対処法

・介護技術や知識をみにつける

・やりすぎの介護を減らす

・時間や効率を意識する

 

一つずつ解説します。

 

介護技術や知識をみにつける

介護技術や知識がないと一つ一つの作業に時間がかかってしまいます。

たとえばオムツ交換において、側臥位の仕方やおむつの当て方、サイズなどを知っておく必要があります。

おむつの当て方がわからないと時間がかかってしまいだけでなく、利用者さんも不快です。

 

介護着技術や知識を習得することで、一つ一つの作業が素早くできるようになります。

技術や知識を習得するには、日々勉強していくことが大切です。

 

やりすぎの介護を減らす

こんなことをやっていませんか?

・食事意欲がないのに、完食するまで介助をしている

・排泄があるまで、ずっとトイレに座らせている

もしやっているなら、改めたほうがいいです。

 

食べたくないのに食べさせられたり、でないのにトイレに座ってるのは、利用者さんにとって苦痛でしかなく、やりすぎの介護です。

また、不必要な介護をやっていると、他の利用者さんの見守りがおろそかになり、事故のリスクもあがります。

 

やりすぎの介護を減らすことで、時間短縮できるだけでなく、事故のリスクも減らすことができるんです。

 

時間や効率を意識する

業務を早く終わらせるには、時間や効率を意識することも重要です。

この時間までに〇〇を終わらせる、作業に優先順位をつける、など効率的に仕事に取り組みましょう。

 

具体的な方法としては、「やるべき作業を3つ決めておく」ことです。

「〇〇さんの排泄介助をして、〇〇さんにお茶をだして、介護記録を書く」といったように、今からする作業を3つぐらい決めてしまうことです。

これをやっておくと、一つの作業が終わった後、次に何をやるか考える必要がなくなるので、スムーズに業務を遂行できるようになります。

 

これは僕もいつもやっていたことで、同僚にも同じアドバイスをしていました。

 

上記の3つが仕事を早く終わらせる方法になります。

仕事が早ければ、それだけ多くの人にサービスを提供できます。

余った時間で、余暇や会話を楽しむ時間も作れるようにもなるので、実践してみてください。

 

最後に

今回は、介護の仕事を早く終わらせる方法を解説しました。

 

本記事のおさらい

仕事を早く終わらせる3つの対処法

・介護技術や知識をみにつける

・やりすぎの介護を減らす

・時間や効率を意識する

上記のポイントを意識して仕事に取り組んでいると、早く仕事が終わるようになっていくはずです。

最初はできなくても、繰り返しているうちに習慣化してくるので、焦る必要はないです。

 

今回は以上になります。

-介護の悩み

© 2022 しんぶろぐ〜介護ノート〜