介護の資格

終末期ケア専門士ってどんな資格?取得方法や取得するメリットを解説

終末期ケア

悩む人
■終末期ケア専門士ってどんな資格ですか?

■終末期ケア専門士は、介護の現場で役立ちますか?

■終末期ケア専門士の取得方法が知りたい。

そんな悩みにお答えします。

 

終末期ケアとは、病気や老衰などによって死が近いと判断された方に対し、身体的・精神的苦痛を緩和し自分らしく生活する支援をすることです。

そして、終末期ケアの専門的知識を身につけることができる資格が、終末期ケア専門士です。

 

この記事では、終末期ケア専門士について、取得方法や取得するメリットまで解説していきます。

記事を読めば、終末期ケア専門士の理解が深まります。

 

終末期ケア専門士を取得するなら、日本終末期ケア協会にて、テキストの購入やWEB講習会に参加するのがおすすめです。

≫終末期ケア専門士を取得する

 

合わせて読みたい
介護職のスキルアップ、キャリアアップにつながる介護の資格16選

続きを見る

 

この記事を書いている人

この記事を書いている僕は、13年以上の介護経験がある現役の介護士です。

介護福祉士と福祉用具専門相談員の資格を持っています。

Twitterもやってます。(@shinbloger

終末期ケア専門士ってどんな資格?

終末期ケアとは、病気の回復が見込めなく、死が近いと判断された方に対して、身体的・精神的苦痛を緩和しつつ自分らしく生活する支援をすることです。

終末期ケアは、介護業界では「看取り」と呼ばれたりもしています。

 

終末期ケアは、高齢化が進んでいる日本において、重要性と注目度が高まっています。

終末期においては、個人によって必要なケアが異なり、答えを明確に出せない問題も多いのが実情です。

 

終末期ケア専門士は、終末期の利用者さんに寄り添い、支えるための知識が学べる資格です。

終末期ケア専門士は、2020年に日本終末期ケア協会によって新設された新しい資格です。

 

終末期ケア専門士を取得するメリット

つづいて、終末期ケア専門士を取得するメリットについて解説します。

終末期ケア専門士のメリット

・終末期ケアの知識がみにつく

・キャリアアップにつながる

 

それでは一つずつ解説します。

 

終末期ケアの知識がみにつく

終末期ケア専門士を取得すると、日常生活を支えるケアや延命治療に関する知識、家族のケアなどの専門的な知識を身に付けられます。

看取りの多い緩和ケア病棟や介護施設などでは業務に直結する知識も多く、現場で役立つ場面が多々あります。

つまり、資格を取得することで終末期における介護の在り方を多面的に見つめ直すことができるんです。

 

キャリアアップにつながる

終末期ケア専門士の資格は、履歴書や名刺などにも記載できるため、転職時に優位になります。

特に看取りの多い緩和ケア病棟や介護施設などでは、専門知識を持つスタッフとして重宝されるでしょう。

他の職員に指導を行うリーダー的存在になることも可能です。

 

終末期ケア専門士が活躍できる職場

終末期ケア専門士が活躍できる職場は、緩和ケア病棟や特別養護老人ホームなどになるでしょう。

これらの施設では、看取りが多くあるため、終末期ケア専門士の知識を活かせる場面が多くあります。

 

専門知識を活かして、終末期を迎えた方の生活を穏やかに安らかに最後を迎えられるサポートをすることは、大切なことです。

 

終末期ケア専門士を取得した人の声

つづいて、終末期ケア専門士を取得した人の声を紹介します。

終末期ケア専門士さんの声は、SNSから収集しています。

①終末期ケア専門士を目指すキッカケは?
②終末期ケア専門士の難易度は?
③この資格が現場で役立った事例もしくは役立つ場面は?

 

上記の3つの質問に答えていただきました。

 

40代 男性

①終末期ケア専門士を目指すキッカケは?
→高齢者介護に携わっていたので終末期の理解を深めるため

②終末期ケア専門士の難易度は?
→看護師国家試験受験の3ヶ月前だったのでさほど苦労はなかったが1回目はほぼ全てテキストに書いてあることだったので感覚的には予備知識はなくても3ヶ月やれば合格可能かと

③この資格が現場で役立った事例もしくは役立つ場面は?
→現場では機会なし。携わる人との共通言語が増えて理解が深まる

 

30代 女性

①終末期ケア専門士を目指すキッカケは?
→きっかけは、看取りに興味があったから

②終末期ケア専門士の難易度は?
→難易度は受けてないからわからない、過去問手に入らないから予想つかない

③この資格が現場で役立った事例もしくは役立つ場面は?
→これから取るので、まだ役立ててませんが拷問のような無駄な延命を少しでも止めるために私は取ります。

 

終末期ケア専門士の取得方法と難易度

終末期ケア専門士の資格は、日本終末期ケア協会が行う試験に合格することで取得できます。

終末期ケア専門士の試験は、資格や実務経験などの受験条件があり、受験資格をクリアした上で、年一回行われるパソコンテストに合格し登録することで、晴れて終末期ケア専門士となれます。

 

受験資格

医師や看護師、理学療法士、介護福祉士などの有資格者で一定の実務経験がある人

 

試験概要

試験は、年1回10月頃行われています。

試験会場は、日本全国260ヶ所のテストセンターで、試験時間90分。

出題数90問です。

 

2020年の合格率は、66%です。

 

まとめ

今回は、終末期ケア専門士について深掘りしました。

 

終末期ケア専門士は、2020年に創設された新しい資格です。

高齢化が進み看取りの重要性、注目度が高まっている日本において、終末期ケア専門士の需要は今後も高まっていくことが予測されます。

終末期を迎えた利用者さんを穏やかに安らかにサポートする知識が学べる資格です。

 

今回は以上になります。

-介護の資格

© 2022 しんぶろぐ〜介護ノート〜