介護の仕事

【新人介護士さんへ】錠剤を潰して服薬するのはNG

2022年10月11日

服薬介助

錠剤を潰して服薬介助していませんか?

 

利用者さんには、錠剤が大きすぎて飲み込みずらかったり、認知症があって錠剤を口から出してしまう方もいますよね。

そんな時に、飲みやすいように潰して飲ましてる新人介護士さんを見てきました。

僕も新人の頃は、潰して飲ませたこともありました。

 

だけど、それNGです。

 

今回は、新人介護士さん向けに錠剤を潰して服薬介助するのはNGっていう記事です。

 

この記事を書いている人

この記事を書いている僕は、13年以上の介護経験がある現役の介護士です。

介護福祉士と福祉用具専門相談員の資格を持っています。

Twitterもやってます。(@shinbloger

錠剤を潰すことがNGな理由

錠剤はなぜ潰してはいけないのか?

錠剤は、有効成分を胃ではなく腸で溶け出すようコーティングされてたり、苦味や不快な臭いを抑えるためにカプセルになっていたりします。

そんな錠剤を潰すと薬の作用が必要な器官に効果が現れなかったり、逆に胃障害を起こしてしまうこともあります。

つまり、錠剤を潰すと身体にとってよくない、だから錠剤を潰して飲ます行為はNGなんです。

 

コーティングされた錠剤は絶対潰しちゃダメ

潰してはいけない錠剤の代表は、コーティングされた錠剤です。

コーティングの理由としては、有効成分が胃ではなく腸で溶けるようにするためや、湿気やすい有効成分を守るため、苦味の強いお薬を飲みやすくするためだったりします。

なので、コーティングされた錠剤は絶対潰しちゃダメです。

 

錠剤は粉薬の変えることができる

とはいえ、錠剤が飲みこめなくてずっと口の中に残っている方や錠剤を吐き出してしまう方もいますよね。

そんな時は、薬剤師に相談することで粉薬に変えることができます。

 

詳しく言うと、潰してもよい薬は、医師の承認後、薬局で粉状にしてもらえます。

潰してはいけない薬でも、同じ成分の粉薬や、口の中で溶けるタイプの薬があれば、変更を検討することができます。

 

新人介護士さんは先輩や上司に相談しよう

新人介護士が、薬の形状の変更を薬剤師や医師に相談するのおかしな話です。

なので、新人介護士さんは先輩や上司に相談しましょう。

 

薬の形状を変えなくても、ゼリーやヨーグルトなどと一緒に錠剤を服薬できることがあります。

また、その利用者さん独特の服薬介助の仕方があったりもします。

 

そんな情報は、先輩や上司が持っているので新人介護士さんはまず先輩や上司に相談しましょう。

 

と、今回は錠剤を潰して服薬するのはNGという記事でした。

ベテラン介護士からすると当たり前のことですが、何も知らない新人介護士さんにとっては知らないことだったりもします。

 

だって、僕も新人のころは潰して飲ましてたし、それを見た看護師に注意されて初めて気づいたわけですから。

この記事が新人介護士さんの一助となれば幸いです。

 

今回は以上になります。

-介護の仕事

© 2022 しんぶろぐ〜介護ノート〜