介護の転職

介護求人ナビのメリット・デメリットから評判・口コミまで

悩む人
介護業界での転職を考えています。転職サイトを探していたら介護求人ナビが見つかりました。介護求人ナビの評判や口コミを教えてください。

そんな悩みにお答えします。

 

本記事の内容

・介護求人ナビとは
・介護求人ナビのメリット
・介護求人ナビのデメリット
・介護求人ナビの口コミ
・介護求人ナビがおすすめな人
・介護求人ナビの登録の流れ
・転職を成功させるコツ

介護求人ナビで転職活動を考えているあなたへ。

10社以上の転職サイトを隅から隅まで調べた僕が、介護求人ナビのメリット・デメリットから評判や口コミまでを紹介します。

結論から言うと、自分のペースで転職活動をしたいなら、介護求人ナビが最適です。


介護求人ナビの公式サイトはこちら

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、10年以上の介護経験がある現役の介護士です。

介護福祉士と福祉用具専門員の資格を持っています。

Twitterもやってます。(@shinbloger

この記事を読み終わった頃には、転職へ向けて一歩前進できています。

さらには転職を成功させるコツまで手に入れているはずです。

介護求人ナビとは

介護業界に特化した求人サイトです。

その求人数は介護系の転職サイトの中でトップクラス。

介護職・ヘルパーだけでなく、相談員やケアマネ、看護師や栄養士などいろんな職種の求人を持っています。

 

介護求人ナビの特徴

運営会社 株式会社プロトメディカルケア
公開求人数 36000件以上
非公開求人数 不明
対象地域 全国
求人が多い地域 北海道、首都圏、愛知県、大阪府、福岡県
雇用形態 正社員、契約社員
パート・アルバイト
派遣、紹介予定派遣
掲載職種 介護・ヘルパー、ケアマネジャー、
管理職・管理職候補、相談員・営業関係職、
サービス提供責任者、看護職、看護助手、
リハビリ・機能訓練職、事務関係職、栄養士、
調理・清掃・リネン関係職、送迎ドライバー、
児童発達支援管理責任者、保育・教育関係職、
医療事務、その他(歯科衛生士、福祉用具専門相談員など)

 

介護求人ナビのメリット

つづいて介護求人ナビのメリットを紹介します。

介護求人ナビのメリット

・求人数が介護業界トップクラス
・いろんな職種の求人を持っている
・雇用形態が豊富
・選べる施設形態が多い
・こだわり条件が豊富
・他の転職サイトにはない、お役立ち情報が豊富
・会員限定のWeb面接を受けることができる
・スカウトメール機能で内定率アップ

一つずつ解説します。

 

求人数が介護業界トップクラス

介護求人ナビの求人数は、介護業界の転職サイトの中でトップクラスです。

 

他の有名な転職サイトとの求人数の比較です。

 

介護求人ナビ きらケア かいご畑
36000件 20000件 10000件

求人数が多いと自分にあった施設が見つけやすくなります。

その点を踏まえると、介護業界で転職を考えているなら「介護求人ナビ」は登録しておきたい転職サイトです。

 

いろんな職種の求人を持っている

介護求人ナビは求人の職種が豊富です。

他の転職サイトでは、介護職がほとんどで、他の職種がほとんどないといったサイトもありますが、介護求人ナビならいろんな職種の求人を持っています。

 

介護求人ナビの職種別求人数

介護職・ヘルパー 27154件
生活相談員 577件
サ責 836件
管理職 613件
ケアマネ 1147件
リハビリ職 260件
看護師 3051件
看護助手 282件
栄養士 39件
清掃・リネン 220件
保育 203件
医療事務 85件
送迎ドライバー 183件
児童指導員 31件

「転職を機に、職種を変えたい」「キャリアアップしたい」と思っている方には、介護求人ナビがおすすめです。

 

雇用形態が豊富

介護求人ナビでは、正社員やパートだけでなく派遣の求人も扱っています。

 

介護求人ナビの雇用形態別求人数

求人数 36260件
正社員 16005件
契約社員 492件
パート 8604件
派遣 9458件
紹介予定派遣 475件

「プライベートの時間が大切」「ダブルワークがしたい」といった人は、派遣として働くことがおすすめです。

 

※介護求人ナビの派遣は、介護求人ナビが運営しているわけではなく、人材派遣会社が、介護求人ナビのサイトを借りて求人を出しているようです。

なので、派遣契約は、それぞれの地域の派遣会社との契約になります。

 

選べる施設形態が多い

介護求人ナビでは、老人ホームだけでなく、病院や障害者施設など、いろんな施設形態の求人を扱っています。

 

介護求人ナビの施設形態別求人数

特別養護老人ホーム(特養) 4249件
有料老人ホーム 11412件
老人保健施設(老健) 1210件
デイサービス 3569件
訪問介護 5176件
グループホーム 4216件
小規模多機能型居宅介護 678件
障害者施設 211件
サ高住 1293件
ショート 478件
包括 20件
居宅 364件
福祉用具 28件
医療関連・病院 918件
乳幼児・児童関連 108件
障害者施設 211件

施設形態によっては、業務内容や給与に大きな違いがあるので、こだわりの施設形態がある方には、介護求人ナビはおすすめできます。

 

こだわり条件が豊富

介護求人ナビでは、こだわり条件ごとの求人数が豊富です。

なので、自分にライフスタイルにあった求人を簡単にみつけることができます。

 

介護求人ナビのこだわり条件別求人数

年間休日110日以上 12414件
日勤のみ 13965件
夜勤専従 4032件
土日休み 5052件
ダブルワーク可 6372件
残業なし・少なめ 16157件
未経験OK 17864件
ブランクOK 17812件
中高齢者歓迎 16405件
正社員登用あり 13985件
資格取得支援 14377件
食事補助 4106件

 

他の転職サイトにはない、お役立ち情報が豊富

介護求人ナビのサイトは、お役立ち情報や転職ノウハウのコンテンツがかなり豊富です。

介護求人ナビのコンテンツ

・転職ノウハウ
・面接レポート
・お役たち情報
・給与データ

中でもおすすめしたいのが、面接レポートです。

 

これは、面接を受けた人が投稿している記事で、施設の雰囲気や面接で聴かれてことなど施設ごとの情報がのっています。

面接対策にもつかえる有益な情報です。

 

会員限定のWeb面接を受けることができる

介護求人ナビに登録すれば、WEBでの面接が受けることができます。

コロナ化で、密を避けて転職活動したい方にはありがたいサービスとなっています。

 

スカウトメール機能で内定率アップ

介護求人ナビにはスカウトメール機能があります。

これは登録しておけば、企業や施設側からスカウトが来る可能性があるというものです。

この人に働いてほしいという人にスカウトメールが送られてくるため、内定率が高いというメリットがあります。

スカウトが来た施設に魅力を感じない場合でも自分の能力を認められたという自信につながるため、より良い転職活動ができるようになります。

 

介護求人ナビのデメリット

つづいてデメリットになります。

介護求人ナビのデメリット

・地方の求人が少ない
・キャリアアドバイザーの手厚いサポートがない
・施設の情報が少なくなる

一つずつ解説します。

 

地方の求人が少ない

介護求人ナビの求人は、首都圏や愛知県、大阪府などの大都市では求人が豊富ですが、地方となると極端に求人数が減ります。

 

介護求人ナビの都道府県別求人数

北海道 1179件 滋賀県 144件
青森県 31件 京都府 667件
岩手県 48件 大阪府 3367件
宮城県 336件 兵庫県 1215件
秋田県 24件 奈良県 131件
山形県 55件 和歌山県 40件
福島県 76件 鳥取県 5件
茨城県 135件 島根県 12件
栃木県 148件 岡山県 150件
群馬県 192件 広島県 432件
埼玉県 3726件 山口県 23件
千葉県 2689件 徳島県 22件
東京都 8980件 香川県 36件
神奈川県 5715件 愛媛県 38件
新潟県 193件 高知県 13件
富山県 21件 福岡県 1212件
石川県 23件 佐賀県 23件
福井県 16件 長崎県 55件
山梨県 77件 熊本県 84件
長野県 64件 大分県 32件
岐阜県 427件 宮崎県 11件
静岡県 472件 鹿児島県 69件
愛知県 3678件 沖縄県 9件
三重県 193件

大都市では、転職活動に支障はありませんが、地方となると勤務地が遠い、希望の職種がないなど、転職に苦労するかもです。

 

キャリアアドバイザーの手厚いサポートがない

介護求人ナビはあくまでも求人サイトとして、各企業の求人を紹介するといった形の求人サイトです。

なので、転職エージェントのようにコンサルタントがついて二人三脚で転職活動をするということはできません。

自分で求人を探して自分で応募するというプロセスを取ることになるので、転職に不慣れな人、初めての転職で不安があるという人にはあまり向いていないかもしれません。

 

逆に、自分ペースで転職活動をしたい人にはおすすめです。

 

施設の情報が少なくなる

コンサルタントがいれば、コンサルタントから施設の情報や自分にあった施設を紹介してもらえるメリットがありますが、介護求人ナビでは先ほども言いましたが、コンサルタントはつきません。

そのため自分の目だけが頼りとなります。

 

せっかく入職したのに、そこはブラック企業だった。

また一から転職し直しとなってしまうリスクだってあります。

 

介護求人ナビの口コミ

ここでは介護求人ナビの良い口コミと良くない口コミを紹介します。

 

良い口コミ

良い口コミ 評価5

私がこの介護求人ナビという介護転職サイトを利用したのかというと、それはこの介護求人ナビなら多くの介護求人を紹介してもらえると聞いたからでした。

実際それまでは自分で介護求人を探しても思ったような良い介護求人が見つからないで苦労したのですが、この介護求人ナビで介護の求人を紹介してもらうようになると、私が知らない求人もたくさん教えてもらえて良かったです。

特に私が一番困っていたのが生活圏内に良い求人がないか探していたので、ここを利用して条件が合う求人を紹介してもらって良かったです。

引用:みん評

良い口コミ 評価5

2年前介護業界での転職を検討していた私は、介護専門の求人サイトでより好条件の仕事を探していました。

介護職専門の求人サイトはいくつもありましたが、その中で私が最も使いやすいと感じたのは「介護求人ナビ」です。

このサイトは他のサイトに比べて待遇面などの基本情報がわかりやすく写真も充実していたため、実際の施設の雰囲気をある程度事前にイメージすることができました。

また、求人数自体も他のサイトより多かったため、より多くの求人から自分の理想とする仕事を探すことができました。

引用:みん評

 

良くない口コミ

良くない口コミ 評価2

この求人サイトは他の求人サイトよりもとにかく求人数が多くて驚きました。

また久しぶりの転職だったので色々転職の準備が不安でしたが、履歴書の書き方や面接時でのアドバイスなども詳しく書かれており、とても安心でした。

ですが残念なことに転職の相談にのってくれるようなコンサルタントの人がおらず、給与面や待遇面についての疑問等は直接面接の時に聞いたりしていたので大変でした。

なおかつ、コンサルタントがいない分、自分であの多い求人数から自分の条件に合う職場を探すのはとても大変でした、、、。

特に私は今の職場で働きながら仕事を探していたので、やる気と根性がないとなかなか転職成功は難しいかと思います。

引用:介護士転職

良くない口コミ 評価1

スカウトメール機能があるくらいで、特にサイト側からのサポートのようなものはありません。

育休明けに介護施設を辞め、数年ブランクがある私なので、思うような転職活動が出来ずに色々なサイトの求人を見て回っていました。

当初はゆっくりまったり転職がしたいと思っていたので、介護求人ナビのような担当が付かない転職サービスを探していて、即登録をしましたが、出てくる求人はタウン誌の求人のようなものばかり。

特に非公開求人とかで魅力的な求人もなければ、本当にちょこちょこタウン誌に登場している施設がいくつもヒットしました。

きっとブラックだろうなーと思って避けていたけど、そういうところも聞けないのなら、タウン誌レベルの求人だしサービスもさほど変わらないと感じます。

また、スカウトメールは意外と色々と届きましたが、本当にこちらを欲しいと思ってのスカウトというのはほぼ皆無だと感じました。

行きあたりばったりというか、数打ちゃ当たる!というようなコピペ文章と思われる内容で、正直不愉快とさえ思います。

そんな感じで、ここでの転職はほぼ諦め…!まれに出てくる新規オープンの介護施設を探すために使ったりします。

引用:介護士転職

 

介護求人ナビがおすすめな人

介護求人ナビのメリットから口コミを調べた上で、おすすめしたい方はこちらです。

介護求人ナビをおすすめしたい方

・自分でマイペースに求人を探したい方
・首都圏などの都会に住んでいる方

転職活動に自信があり、都内で職場を探しているなら介護求人ナビはおすすめです。

 

介護求人ナビの登録の流れ

介護求人ナビの登録から入職までの流れはこちらです。

登録の流れ

STEP1 1分の無料登録・求人検索
STEP2 求人に応募
STEP3 面接・施設見学
STEP4 内定

 

STEP1 1分の無料登録・求人検索

介護求人ナビ上で登録し、サイトの検索画面からエリアや職種、保有資格や施設名などから求人を探します。

また企業側からスカウトメールが来ることもありますので、メールはこまめにチェックしましょう。

 

STEP2 求人に応募

希望する求人のページへ行き、求人条件の詳細を確認。

応募したい求人の場合は『問い合わせ・応募』をクリックすることで応募が完了します。

1週間以内にメールか電話で先方から折り返し連絡が来るので面談日程などを決めましょう。

 

STEP3 面接・施設見学

応募先での面談を行います。

事前に施設のことなどを調べ、勤務条件などの質問をまとめておくとスムーズに面談を行うことができます。

 

STEP4 内定

面接に合格すれば内定となります。

基本的に施設とのやりとりや日程の調整はすべて自分でやっていきます。

 

転職を成功させるコツ

転職を考えている方にとって、最大の目標は「自分が理想とする施設へ入職すること」ですね。

ただ、やみくもに施設の面接を受けていてもそういった目標はかないません。

 

「なかなか入職先が決まらない。」

「入職してみたら思っていたのとは違った。」

といったケースはよくある話です。

 

そうならないために、転職を成功させるコツを解説します。

 

転職を成功させるコツは4つです。

転職を成功させるコツ

・自己分析
・施設の内情を調べる
・必ず叶えたい条件を決めておく
・妥協点を決めておく

 

自己分析

転職活動をスタートする際に、最初にやるべきことは「自己分析」です。

「今の自分にできることは何か」「これからしたいことは?」「理想と現実に横たわるギャップは何か。」そういったことをしっかりと考えて自分の軸を決めておきましょう。

 

迷ったら5年後、10年後の理想の自分を想像するとイメージがしやすいです。

 

施設の内情を調べる

気になった求人が見つかったら、施設の内情を徹底的に調べましょう。

ホームページや求人の文字だけでは分からない施設の雰囲気なども調べるようにすべきです。

 

でも、入職する前に内情とか調べられないよ。

と、思うかもですが、方法はあります。

見学に入ったり、面接時に直接聴くのもありです。

 

内情を知ることで、入職後のギャップが埋められて、「入職してみたら思っていたのと違った。」といったミスマッチを回避できます。

 

必ず叶えたい条件を決めておく

現実的な話をすると、自分の理想と合致する施設に出会えることはあまりありません。

「理想を追いもとめて、なかなか入職先が決まらない」

といったことにならないように、必ず叶えたい条件を決めておいて、それをクリアしている施設へは積極的に入職するというスタンスでいましょう。

 

妥協点を決めておく

先ほども言いましたが、自分の理想と合致する施設に出会えることは難しいです。

どこを妥協するのか事前に決めておくことで、入職がスムーズになります。

 

まとめ:介護求人ナビはマイペースに転職活動ができるサイト

今回は、介護求人ナビのメリット・デメリットから評判・口コミまでを記事にしました。

 

本記事のおさらい

介護求人ナビのメリット

・求人数が介護業界トップクラス
・いろんな職種の求人を持っている
・雇用形態が豊富
・選べる施設形態が多い
・こだわり条件が豊富
・他の転職サイトにはない、お役立ち情報が豊富
・会員限定のWeb面接を受けることができる
・スカウトメール機能で内定率アップ

介護求人ナビのデメリット

・地方の求人が少ない
・キャリアアドバイザーの手厚いサポートがない
・施設の情報が少なくなる

介護求人ナビをおすすめしたい方

・自分でマイペースに求人を探したい方
・首都圏などの都会に住んでいる方

介護求人ナビなら、マイペースに転職活動ができます。

介護求人ナビの公式サイトはこちら

 

今回は以上になります。

-介護の転職

© 2020 しんぶろぐ〜介護士のミカタ〜